安全について

安全なおいしさを全国へ! それが私たちの目標です。日本一の魚沼コシヒカリの産地の誇りをかけて、その実現のために毎日、努力しています。そのひとつが「全農安心システム米」使用。これらは私たちの安全へのチャレンジの軌跡、もちろん、これからも挑戦しつづけていきます。

全農安心システム

食の安全が問われる今だからこそ、トレーサビリティを! たかのは産地からお客様までしっかりと情報がつながって、「いつ」「どこで」「だれが」「どのように」生産したかがわかる安心システムの米を使って、安全でおいしく便利な商品を作り上げました。ピュアな原料『大切な米』をそのまま活かした自慢のご飯と餅。まず、その産地・生産情報をしっかりとチェック、そして本物の味をご堪能ください。

JA全農が作り上げた、生産情報を公開するシステム。

  1. 生産者がどこの畑でどのような作業をしたか、田んぼの作業をもれなく記録
  2. あらかじめ設定した生産基準を守っているか、第3者機関がしっかりと検査・審査
  3. 生産品のすべての情報をホームページで公開――つまり、産地や生産の情報を知ることで「安心」を実感するというもの
■トレーサビリティ

その製品がどのようなプロセスを経てきたかがわかるようにすること。問い合わせやクレームの原因をさかのぼれるようにして、その結果、安全性の向上をかなえる。

産地紹介・米の作り方・生産者リスト・栽培基準と栽培暦・栽培記録・残留農薬分析結果など、米のすべての情報をホームページで公開。
>全農ホームページ
大切に育てられた米を加工する工場も認証を受け、しっかりと分別管理され、特別構築のラインで加工されていきます。
認証米は他の原料と混じらないよう、受け入れや保管場所を別設定する。
 
ラインの機械を分解し、部品を洗浄してから認証米を使う分だけ精米する。
 
 認証米加工ラインは特別構築。場所・スケジュールも分けて、完全隔離の上、加工。
 
 できあがった製品をいよいよ包装。無菌包装システムは、混入予防に効果大。

杵つき こがね餅

JA佐渡の特別栽培米を100%使用して、昔ながらの杵つき製法で丁寧についたお餅を一切れずつ無菌包装。原料も製造も安全システム、安心で美味しい切り餅です。

本物の味を召し上がれ!

▲ページの先頭へ